ホーム会社案内 > ISO

ISO

ISO14001

環境基本方針

我が社は建設機械及び産業車両用油圧製品の開発・製造・販売等、あらゆる事業活動において、環境に与える影響を継続的に改善することにより、地球環境保全に貢献し、社会から信頼される企業であり続ける。
その為に以下に掲げる活動を推進する。

社内管理・監視体制の整備と運用

  1. 事業活動により生じる環境負荷を全体的に管理し、低減を推進するための組織を整備する。
  2. 環境関連法規制及びその他の要求事項の管理体制を強化して、それを遵守すると共に、汚染の予防に努める。万一、異常発生時には、速やかに対応する。
  3. 環境負荷低減の目的及び目標を設定し、推進すると共に必要に応じて見直す。

環境負荷低減の重点活動

  1. 製品のライフリサイクルを通して、環境への負荷の少ない製品開発を推進する。
  2. 電気・ガス等のエネルギーの効率的使用により、使用量を削減する。
  3. ペーパーレス化を推進する。
  4. リユース、リサイクルの推進及び工程改善により廃棄物を削減する。
  5. 大気汚染・水質汚濁等の環境に負荷を与える物質を削減する。
  6. 工程改善及び対応訓練の実施により、油類等の流出を防止する。

意識づけ、啓蒙活動

  1. 工場緑化活動を積極的に推進して環境保全に対する当社の姿勢を具体的に示す。
  2. 環境保全に関する従業員教育を積極的に行い、全社一丸となった活動への意識の高揚に努める。
Placeholder image

 

Placeholder image

ISO9001

当社は、顧客に提供する商品の品質のみならず、事業活動に関するすべてを“品質”ととらえて、次のように品質方針を設定する。

 

  1. 顧客及び法規制に関する情報の収集を怠らず、顧客に満足していただける商品をタイムリーに提供し、顧客に信頼される企業で有り続ける。
  2. 年度毎に品質目標を設定し、その達成の活動を展開するとともに、環境の変化、事業計画の変更等から、必要に応じて品質目標を見直す。
  3. 製品の品質、プロセスの監視結果及び内部品質監査の情報により、品質マネジメントシステムの有効性を確認し、継続的に改善していく。
  4. 社内コミュニケーションの機会を利用して、全社員に品質方針を周知徹底させ、自らの行動に反映させる。
  5. 品質マネジメントシステムが適切に持続されるようマネジメントレビューを定期的に行い、経営資源を適正に配分する。