ホーム > 歴史(飛躍の時代)

Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

飛躍の時代〔油圧機器の専門メーカーへ〕1950〜2000

1956年(昭和31年)

  • フォークリフト用コントロールバルブの開発を開始
Placeholder image
  • 仁科のコントロールバルブが最初に搭載されたトヨタフォークリフト LA型

 

1959年(昭和34年)

  • フォークリフト用ならびにショベルローダ用のコントロールバルブを設計製作し豊田自動織機製作所に採用される

1973年(昭和48年)

  • 豊田自動織機製作所が資本参加

 

 

事業基盤の強化

1975年(昭和50年)

  • 須坂市米持に鋳造の中子専門工場設立
Placeholder image
写真/中子専門工場

 

 

1978年(昭和53年)

  • 須坂工場は須坂仁科工業株式会社として独立、油圧部品加工専門工場となる

 

1995年(平成7年)

  • 本社工場を上水内郡豊野町(現長野市豊野町)に移転、移転により旧工場の鋳造炉の火をとめる
Placeholder image
写真/新本社工場

 

1995年(平成7年)

  • 新シンボルマーク設定
Placeholder image
頭文字“N”をモチーフとし、バルブ記号と無限の記号をアレンジ。 新時代にふさわしいイメージとした。